2016年クリスマス・メッセージ

平田一吉 牧師

天使は言った。
「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」

― ルカによる福音書2章10~12節―

皆様、今年も降誕節が近づいて来ました。感謝と祈りを持って「平和の主」の御降誕を皆様と共にお祝いしたいと願っています。是非、御来会下さいますよう、御案内申し上げます。

主イエス・キリストは、かつて私達の時代の政治的危機の真っただ中へ「平和の主」としてお生まれになりました。そしてまた私達人間が抱えている、病気からくる苦しみ、拭いきれない罪意識からの重荷、生活環境を脅かすあらゆる圧力から来る困窮と心身の疲れに対して、救い主、慰め主、癒し主として、一人一人が「新しき、神の国の支配」に生きることができるようにと、生活の現場へと降って来てくださいました。それが「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそメシアである。」というルカの強烈なメッセージです。

平和と愛のしるしである神の独り子のご降誕によって、私達に与えられたものは、計り知れないほどの恵みです。そして何より神は2016年のクリスマス礼拝においても、地に平和を祈る私達の群れのただ中で、今もその力を働かせてくださり、一人一人を悔い改めによって「新しい関係」へと、「平和の主」へと、目を開かせてくださるのです。

2016年は、隠れていた危うさが、時代の表情としても危険な顔つきになって現れてきました。一方で私達の心の内部はどうでしょうか。正気を保ち、不正に目を閉ざさず、一人一人の人権が守られていく強い意志と、人権を守る努力がだんだんとこのような時代の中で削がれていってしまうのが一番恐ろしいことです。私達はもっともっと、人権意識に敏感であり、人権意識を本当に私達の生活の場の中に根付かせていかなければならないのです。横浜上原教会が、そして全世界の教会が、今年も共にクリスマスを祝うことの意味は、この時代のただ中で、「救い主」「平和の主」が世に現れたことを、世に向けて宣べ伝え、神のシャローム(平和)の実現のため、私達も神の働きに参与していくことを願い祈る時が与えられているいうことです。

「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。」恐れることなく、明日に希望をもってこの信仰に堅く立って新しい年を迎えたいと願っています。

<クリスマス諸集会のご案内>

2016年11月26日(土)午後2:00~ 震災被災者支援チャリティー
「町田謙介ユニット」チャペルコンサート
教会礼拝堂(入場無料)
2016年11月27日(日)午前10:30~ アドベントⅠ 主日礼拝
説教 平田一吉 牧師
2016年12月4日(日)午前10:30~ アドベントⅡ 主日礼拝
説教 平田一吉 牧師
2016年12月11日(日)午前10:30~ アドベントⅢ 主日礼拝
説教 平田一吉 牧師
2016年12月15日(木)午前10:30~ 横浜愛隣幼稚園 クリスマス礼拝
ページェント・祝会
2016年12月18日(日)午前10:30~ アドベントⅣ 主日礼拝
説教 平田一吉 牧師
2016年12月24日(土)午後6:00~ クリスマスイブ礼拝
説教「あなたは神から恵みをいただいた」平田一吉 牧師
礼拝後、教会近隣をキャロリング(有志)の予定です。
2016年12月25日(日)午前10:30~ クリスマス記念礼拝
説教「光は闇に輝いている」平田一吉 牧師
礼拝後 クリスマス祝会。食事は500円で昼食を共にして祝会の時間を過ごします。

皆様、ご家族及びご友人・知人をお誘い合わせお越しください。